人間ドックで脂質異常症やがん等病気を発見し治療を行う

健康診断で発見する

脂質異常症とはどんな病気

脂質異常症は血中コレステロール値や中性脂肪値が高いなどの血中脂質に異常がある状態のことを指します。昔は高脂血症と言われていたものですが、HDLコレステロールが低いことも動脈硬化などの病気を引き起こすことがわかり、高いだけが異常ではないことから、脂質異常症に変更されました。 脂質異常症と診断される人のほとんどがLDLコレステロールや中性脂肪値の高値ですが、はじめは多くの人は薬剤治療まで行かずに経過観察を言い渡されるでしょう。その際、肥満や油気の多い食事、運動不足など生活習慣に問題があれば、それを改善することで血中脂質量は正常値に戻る可能性があります。 血中脂質のもとは食事から摂取した脂質であるので、食事の脂質を見直せば、体の中を巡る脂質も変えることができるのです。

大事なのは食生活をはじめとした生活習慣の改善

脂質異常症は自覚症状がないので、だいたいの人は健康診断等での血液検査でその病に侵されていることに気づきます。そのまま放置しておくと、動脈硬化や脳卒中、心臓疾患などに襲われる確率が高くなってしまいます。 万が一、治療が必要なほどの脂質異常症であった場合は、コレステロール吸収阻害剤などの薬物によって、医師の指示のもと治療が行われることもあります。 しかし、予防、改善にもっとも効果的なのは食生活の改善です。お肉よりも魚、動物性油脂よりもエゴマ油やオリーブオイルといった質のよい油を使うようにし、適切なエネルギー量の摂取を心がけることが大切です。 もし、肥満である場合は、適度な運動も取り入れ、ダイエットをする必要があるでしょう。