人間ドックで脂質異常症やがん等病気を発見し治療を行う

健康診断で発見する

脂質異常症は基本的に体に自覚症状がないので、健康診断の血液検査等で知ることができます。脂質異常症と診断された場合は、生活習慣の見直しを中心に行ないますが、治療が必要なレベルであれば通院することもあります。

がんを治す

がんを治す方法の1つとして、漢方が挙げられます。漢方は古くから病気を治す効果があるといわれ、医薬品よりも安全性が高いとされています。この記事では、漢方について詳しくご紹介します。

病院を選ぶ

人間ドックは基本的に多くの病院で受けることができます。病院によってはできる検査が異なることもあるので、評判や検査内容を事前に調べて受けることが大切です。費用もそれぞれ異なるので、多くの情報を比較するといいでしょう。

脂質異常症とは

脂質異常症は従来は高脂血症という名称が用いられていました。高脂血症と言うと悪玉であるLDLコレステロールや中性脂肪の数値が高いことに着目される傾向にありましたが、善玉と言われるHDLコレステロール値が低すぎても問題になります。高脂血症という名称だとLDLの数値さえ高くなければいいと勘違いする人も多いため、現在では脂質異常症に名称を変更し、基準値より高すぎても低すぎても健康を害する危険があるとしています。また、最近ではLDLコレステロール値が正常であっても、HDLコレステロール値が低いと動脈硬化などの危険が高まることがわかっているため、HDLコレステロールとLDLコレステロールの比率も重要視されるようになっています。

近年では食の欧米化などによって、脂質異常症と診断される人も増加しています。脂質の中でも中性脂肪は特に内臓周辺に蓄積されやすく、必要以上に多くなると肥満になりやすいと言われています。現に最近は肥満傾向の人も増加しています。肥満と脂質異常症は密接な関わりを持っていますが、肥満傾向の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病も併発しやすいと言われています。最近では健康ブーム呼ばれるほど健康食品などが数多く販売されていますが、一方で動物性脂肪を多く含む食事は若い世代を中心に人気が根強く、生活習慣病の低年齢化も進んでいると言われています。最近ではカロリーを抑えた和食が世界的にもブームとなっており、今後もしばらくは続くことが予測されます。

汗の量を調整

多汗症は人より多く汗を描くことが特徴です。交感神経が優位になることや、エストロゲンの減少で症状を発症することもあります。心理的なことが問題になっている場合もあり、薬物療法や注射を行うという治療があります。